ブロックチェーン
ブロックチェーン技術全般に関するよくある質問と回答です。

ウォレットとは何ですか?

ウォレットとは、主に暗号資産を管理する電子上の財布です。具体的には、自分の保有する秘密鍵とアドレスを管理し、ブロックチェーンネットワークとのやりとりに使用されるアプリケーションです。JPYCの送受信の管理に必要になります。 最も使われているウォレットとして「MetaMask」があり、JPYCを購入・利用する際には当ウォレットの利用を推奨しております。
※JPYCは暗号資産ではなく前払式支払手段ですが、暗号資産と同様の技術標準にて実装しているため、暗号資産と同様にウォレット上で管理することが可能となっております。
ウォレットの作成については、こちらの記事をご参照ください。

ウォレットの使い方

MetaMaskの基本的な使い方や設定方法については以下の記事をご確認ください

ネットワークとは何ですか?

ネットワークとは、ブロックチェーン上の取引履歴やスマートコントラクト等にアクセスするための技術基盤です。現在JPYCは、数あるネットワークのうち代表的なEthereum(ERC20),Polygon, Astar, Avalanche, Shiden, Gnosisの6種類に対応しております。
ブロックチェーン上で取引を行う場合は、ウォレットにそのネットワークを登録する必要があります。
ネットワークの登録については、こちらの記事を参照ください。

トークンとは何ですか?

トークンとは、一般的にはブロックチェーン上で発行される暗号資産のことを指します。ただし、JPYCは技術的にはイーサリアム上で発行され、ERC20標準であるトークンの一種ですが、1 JPYC = 1円で常に購入・使用できる通貨建資産であり、資金決済法上の自家型前払式支払手段です。暗号資産ではありません。
トークンをウォレット上で確認するには、ウォレットにトークンを登録する必要があります。
JPYCをウォレットに登録する方法については、こちらをご覧ください。

ERC20とは何ですか?

ERC20は、イーサリアムブロックチェーンでトークンを発行及び実装するために使用される標準規格です。

なぜERC20なのに暗号資産ではないのですか?

JPYCは前払式決済手段です。ERC20を発行および実装のための技術標準としていますが、資金決済法上の通貨建資産にあたるため、法的には暗号資産には該当しません。